札幌近郊交流会

予 定

 交流会  ← 終了しました。   
1.日時: 平成29年7月16日(日)13:00~16:00
2.場所: 札幌Lプラザ 4階 中研修室

報 告

 札幌近郊会員の交流会 に参加して     
 
佐藤 啓子

再生105号に『北海道の支部解散から3年が経過し、この間に一度も会員の集いが無く、大変寂しく思っていることから交流会を』との呼びかけがありました。 その会が4月1日札幌Lプラザで行われました。
本部事務局から副会長 西田真知子さんが参加され、会員12名との交流会となりました。
はじめに西田さんから本部の近況そして支部長でいらした塩崎義郎さんから支部解散に至る経緯の説明、それに続き会員の方々から入会の動機、散骨体験、意見交換となりました。
①支部解散は残念だったが、やはり何らかの組織があった方がよい。
②遺骨の問題も大事だが、その前の葬儀のあり方についても情報交換が出来る場がほしい。
③ニセコ問題以来、道内の山での散骨はできるところがないが、本州では?との質問に、宮城の大森山、岩手の久慈、西多摩、甲府など実施できるところがあると西田さんが説明しました。
終わりに、会を呼びかけてくださった菊池克幸さんがこのような会合を重ねていき、何らかの「形」になっていけばと話しておられました。
 私は自分の旅立ちの時を具体的に考え、一人の考えでは戸惑いが多いことがあります。今回の交流会で皆さんのお話を伺って改めて身近に交流の場があると何かと心強いのではと思いました。
---------------




logo
▲ top