自然葬 について

会が行なう自然葬

 本会は、希望する会員の方の自然葬の実施を行っています。

 会員になっても自動的に自然葬が実施できる訳ではなく、契約が必要です。

 なお、遺体処理や葬儀、遺骨の保管などすべて会に委託できると思っている方がいるようですが、当会は葬儀の委託機関ではありませんので、できません。

 自然葬に関する契約は、大きく、次の2つがあります。

①本人が生前に契約(生前契約): 会員が生前に、自分の自然葬の希望を会と契約するもの。過去の生前契約は、実施にかかると予想される費用を予め、会に預託する方法だったが、現在は、預託無しで契約します。 契約にあたって、連絡責任者を決めるので、家族と十分に将来の自然葬に関する話し合いをするメリットが大きいと言えます。実施時の費用については、連絡責任者と十分に確認を取っておく必要があります。
②自然葬の実施にあたっての契約: 会員が、家族などの散骨をする際に、実施方法、時期などを契約です。

--------------------------------------------------

①『生前契約』の流れ

1.事務局に申込書を請求する(電話、郵便、fax、メールなど)。受付
2.事務局から所定の申込み書が送られてきます。
    
3.必要事項(*)を記入して、本部に返送します。
 (*:実施場所(海、山)、実施時期、連絡責任者などの項目)
会員
4.事務局の担当から契約書を2部、申込者に郵送します。
    
5.内容確認の上、問題がなければ、署名捺印の上、事務局まで、2部とも返送して下さい。契約完了
6.事務局では、内容確認後、契約書に捺印の上、一部を申込者に郵送します。契約完了です。


②  自然葬の実施にあたっての契約

  事務局にお問合せ下さい。

logo
▲ top