自然葬 について

遺骨の粉末化について

(1)家族の手で砕く

 遺骨を自然葬にするには、まず遺骨を細かい粉末にする必要があります。実際に遺族の方々は故人の遺骨をどのようにして砕いているのでしょうか。そのノウハウは遺族の感想文から読みとることができます。『再生』の既刊号から抜粋してみました。

 「骨壺のお骨を取り出して骨洗いをいたしました。洗濯用の目の詰まったネットの中に入れ、バスタオルに包み、家族みんなで金槌を持ち寄り、代わるがわるたたきました。母の骨は80歳を超えていたせいか、思ったより簡単に20分くらいで米粒大に砕かれてしまいました。最初、想像していた段階では、骨壺の蓋を取るのも、お骨を金槌でたたくのも何か空恐ろしく、自分自身が鬼女のごとくに思えてゾッとしたものでした。ところが、実際は家族が寄り合って笑いのうちに和やかにお骨を砕き終えることができたのは、まったく思いがけないことでした」

 「姉妹と友人数名で遺骨を粉末にした。乳鉢で骨を砕き、篩(ふるい))にかけながら、この手で介護し看取ることなく逝かせたうずきは、砕く骨から伝わってきた」

 「骨を砕かなければならないということが、マナーとして必須だと理解していながら、いざ、その作業をするとなると、やはり複雑な思いが家族の胸を埋めました。親父の最後の仕事がゴルフ場だったので、愛用のゴルフクラブで骨を砕いたのですが、姉などは最後までできずじまいでした」

 「ある朝の晴れた風のない日、さっそくベランダに新聞紙を二重に敷き、遺骨を覆う純白の布を重ね敷き、その上に骨壺より取り出した遺骨を布の四方の端を持って覆い結ぶ。小さなハンマーで心をこめ、打ち砕き始めました。周辺部から中心へ繰り返しました」

(2)専門家に頼む

 遺族が自分たちの手で遺骨を粉末化するときには、故人が使っていた文鎮やゴルフのクラブでたたいたり、乳鉢とすりこ木で砕くというケースが多いようです。金槌やハンマーでたたいて砕く、瓶を転がすように押しつけて砕くという場合もあります。

 それでも、どうしても自分の手にかけられないという人もいます。そんな場合は専門家に依頼するとよいでしょう。

 葬送の自由をすすめる会の会員のために遺骨の粉末化を引き受けてくれる所のひとつに、葬儀ネット "木霊と凪(こだまとなぎ)" (東京都豊島区東池袋1-47-1、電話 03-3983-9079)があります。 ("木霊と凪"は、会とは独立した業者です。)

 粉末化に使うのは理化学実験用のスタンプミルという高さ1メートルほどの試料粉砕装置。どんぶりぐらいの大きさの受け皿に遺骨を小分けして入れ、スチール製のピストンを自動的に上下させて砕いていきます。遺骨は約3分で粉々になり、この作業を繰り返して1時間ほどで骨壺の遺骨がきれいな白い粉末になります。

 「米国のカリフォルニア州では散灰するには5ミリ以下に砕かなければならないという規制がありますが、この装置だと0.1ミリから1ミリぐらいまで細かく砕けます」とのことです。ただし、遺骨全部を粉末化する時間は量と重さによって違います。

 一般に骨壺に納められた遺骨は東日本では正味1キロはあるのに比べて、関西地方では火葬場での収骨の習慣が異なるせいか500グラム以下だそうです。

 『木霊と凪』では希望者には、骨壺を持参するか宅配便で送ってもらい、遺灰にしたものを水溶性の紙に包んで送り返しています。費用は1回1万5千円~2万円。(宅配便で遺骨を送ることに、ためらいのある場合には、直接お宅まで伺って遺骨を預かり粉末化し、粉末化したものをお宅までお届けするサービスも行っていますが、この場合は、上記の費用の他に、交通費など別途費用が必要とのことです。)

【 費用は、2010年1月現在です。 】

logo
▲ top