これまでの歩み 1990-2000


1990

9.24
朝日新聞「論壇」に安田会長の「葬送の自由」掲載。反響呼ぶ
10.11
鈴木俊一東京都知事に「再生の森」事業に関する要望書を提出。
12.21
法務省、厚生省に会長らが趣旨説明。

1991

2.2
東京飯田橋で旗揚げ結成大会  会長:安田 睦彦、副会長:梶山 正三
3.15
会報「葬送の自由」を発行。会報名が決まっていなかったため第0号とした。
6.1
会報の名称が「再生」に決まり、創刊号を発行。  
10.5
相模灘で第1回の自然葬を実施。 法務省・厚生省もその正当性を裏付ける見解を表明。マスコミが大きく報道。
10.24
中国自然葬視察団27名、上海市へ。

1992

4.25
シンポジウム「死後の自己決定権」開催。小林直樹東大名誉教授ら。
8.22
会員44名が群馬県上野村で1泊2日の合宿。「再生の森」候補地へ。

1993

3.7
宮城県亘理郡大森山で,山で初の自然葬を行う。
7.22
北京国際葬送会議へ会代表団出発。北京アピール発表。
9.11
上智大学で「現代の生死と自然葬」に関する宗教者討論会開催。

1994

5.27
東京都水源林で都水道局承認のもと自然葬。
7.16
東京水産大学で「再生の森」シンポジウム開催。

1995

3.18
「自然の中の死」シリーズ講演会、第1回開催。
4.24
阪神大震災被害者大阪湾合同自然葬実施。

1996

3.17
会創立5周年記念企画「シャンソンとバザーの会」を開く。
9.14
上智大学で「お墓大討論会」開く。パネリストは山折哲雄氏ら8人。
11.21~28
山折哲雄団長ら44人「インド心の旅」へ、ガンジス河で自然葬。

1997

5.31
セスナからの初の自然葬実施(高知県足摺岬沖で)。
8.2
関西支部主催の討論会「日本人の遺骨信仰について」開催。
8.8
厚生省生活衛生局長諮問の「これからの墓地等のあり方を考える懇談会」へ、本会から質問と要望書 を送る。
10.23
安田会長ら厚生省の「これからの墓地等のあり方を考える懇談会」に出席して自然葬法規制の動きに反対。
11.9
東京都西多摩山系の会所有「再生の森」で初の自然葬。

1998

3.14
木下順二さんらの講演会と討論会「葬送の自由を守ろう・自然葬の法規制に反対」に500人集まる。
6.29
厚生省と「これからの墓地等のあり方を考える懇談会」に抗議文提出。
7.5
本会所有の北海道ニセコ「再生の森」で初の自然葬。
7.15~22
「モンゴル自然葬への旅」へ。南ゴビで自然葬。

1999

1.5
関門海峡で初の自然葬。
1.30
自動車会館にて「自然葬を語る~何でも相談にのります」開催。

2000

4.21
阿蘇外輪山「再生の森」で初の自然葬。
5.13~14
創立10周年記念「再生の森」シンポジウム。上野村にて。
10.19
「みちのく心の旅」・久慈市「再生の森」で岩手県初の自然葬。

logo
▲ top