NPO法人 葬送の自由をすすめる会 について

NPO法人 葬送の自由をすすめる会

 当会は1991年の設立以来、目的に賛同する市民が集まって、葬送の自由という基本的理念の確認と、自然葬への社会的合意の拡大を目指して、啓発活動を続けています。

 実践の一環として、会員のための自然葬を行っていますが、会員になったから、自然葬をしなければならない訳ではありません。

 photo
 

 家族、親戚の意向もあって、自然葬に賛成でも、自分は自然葬を実施してもらえそうにないが、運動の趣旨には賛成で、この運動を支えていこうとの考えの会員もいます。会員の考え方も多様です。夫婦でも意見が違うので、妻だけ、夫だけが会員となっているケースや、会員になっているのを内緒にしているケースもあります。

 当会は、個人の意思を尊重する立場から、入会は個人レベルです。ご夫婦が入会の場合は、お二人に入会してもらいます。

 会員になると、次のようなサービスが受けられます。
1.会の機関紙『再生』が、年に4回送られてきます。『再生』には、会からのお知らせ、葬送に関する動静、海外の事情、自然葬をした遺族の方の感想文などが掲載されています。
2. 自然葬を行うことが出来ます。 亡くなった方が、本会の会員でない場合でも、生前本人が自然葬を希望されていた場合は、自然葬を行う事ができます。(遺族契約)。 
 自分が死んだ時に自然葬を実施したい場合は、会と事前に実施のための契約を行うことが出来ます(生前契約)。  以前の生前契約は事前に自然葬に必要と予想される費用を預託する方法、遺族に費用の面で負担をかけることはないものでしたが、現在の生前契約は、事前に費用を預かることは廃止し、本人の自然葬の意思をご遺族に伝えることを目的とするように変更しました。契約書には、本人が亡くなった際、自然葬を実施するにあたっての連絡責任者を記載するので、契約書を作成するにあたり、家族、親戚の方と自然葬についての相談をすること自体が契約するメリットであると好評を得ています。
    亡くなった方と自然葬を実施してあげたいと思う方の両方が本会の会員でない場合は、実施する方が会員になれば、実施することができます。(一時、入会後1年未満の会員の自然葬は実施しないとしていた時期もありましたが、現在はそのようなことはありません。)
3. 当会主催の講演会、討論会等のイベント、相談会などに参加できます。


  『業者にも頼める時代になったので、会員になる必要は無いのではないか』 との疑問への会の見解

  海洋葬などの名称で、海での自然葬を実施している業者は多く、当会の会員にならなくても自然葬は可能になってきています。当会では、海に加えて、山での自然葬も実施しています。再生の森と名付けた場所で実施してきましたが、一部の業者の行為が原因で、地方自治体の条例で散骨が規制(禁止との記載ではありませんが、実質的には実行できなくなっている禁止状態です)される事が発生しています。多くの皆さんに受け入れられてきている自然葬ですが、キチンとした運動を行わないと自然葬そのものが、違法だとのレッテルを張られ、全くできなくなる可能性もあるとの認識を持っておく必要があると考えています。自然葬の道を更に広げるためにも、是非会員となって頂きたいと思います。


ご注意
 会員になれば、遺体の処理や葬儀、遺骨の保管などをすべて当会に委託できると思っている方もいますが、当会は、葬儀業者ではないので、できません。誤解なさらないようにお願いします。



------------------------------------------------------

  NPO法人 葬送の自由をすすめる会 事務局
     〒101-0047 東京都千代田区内神田 1-2-15  第三亀田ビル3F
     電話:03-5577-6209  FAX:03-5577-6249
     e-mail: saisei@soso-japan.org

logo


▲ top